(4)達弥西心のわかりやすい話「経営」

達弥西心のわかりやすい話「経営」

●つぶれない経営1 -私のおもう経営- (5/47) - HMU 達弥西心

一般のプログラムだと、たとえば何々という本が一冊売れました、買ったのは誰さんですという考え方をします。私が考えているのはそうではなく、Aさんという人がいて、Aさんが買いました、何を、この本をという具合に、必ずその人個人の履歴カードがあり、その履歴カードを引っ張り出して、Aさんが主語になる形のやり方にしてくれと頼んだのです。入会してこの世を去っていくまでに、どれだけ成長するかということが、仕組みとして出てこなくてはならないのです。

これが経営なのです。産まれたというのが、会社を創業したことです。自分株式会社というのを創業したのです。途中でやめられませんから、やめるときは死ぬという、つまり倒産することになりますし、うまくいったら誰かに後継するということしかありません。

●つぶれない経営1 -私のおもう経営- (4/47) - HMU 達弥西心

余談ですが、この前コンピュータのソフトを作る人と話をしていて感じたことがあります。

私は、オギャーと産まれて生きて死んでいくというのがコンピュータの仕組みでなければならないと思っています。それは、たとえばHMUにすると、オギャーと産まれるのは入会すること、入会した日が誕生日で、そのとき初めて戸籍謄本ができるわけです。

そこに、その人が受講していくと受講歴に載ります。本を買えば購入の記録が残ります。会費が入ると記録が残ります。それから、引越ししたり、結婚すればデータは変わります。その履歴が残る一枚の紙がファイルにあるのです。見たい時は、引っ張り出して読んで、また戻すという仕組みを作ってもらいました。このとき、入会した人がこの会をやめるときは死んだ時であって、死んだ時を退会ということでプログラムを作るように言いました。途中で退会する人もいますが、その日を退会とするのではなく、入会した以上はこの世を去っていく日を退会日として作ってくださいと。亡くなったら、この会には居られないわけですから、これを退会として処理するようにと言いました。途中で退会した人はどうするかといいますと、一時的に止まるのです。一応保留のカードにしておく、戻ってきたら入れる、という仕組みです。

入会して受講歴などいろいろな体験が全部記録に残っていきます。そして最期、この世を去っていくときに、そのカードが鍵の閉まる保管箱に入れておしまい、という形です。

●つぶれない経営1 -私のおもう経営- (3/47) - HMU 達弥西心

私は、人生は累計折線グラフだと思っています。

それまで私は、人生は積み重ねグラフ、棒グラフとばかり思っていました。ある日24歳の若い女性スタッフがかき消えるようにいなくなり、その後達弥西心になって気が付いたことは人生は累計折線グラフだったという話を、講座でしています。

その累計折線グラフの話です。このグラフには縦軸の目盛と横軸の目盛があり、縦軸は目標・目指すものです。横軸は命の目盛です。どこかでストンと終わるときがあります。終わるときまでに、どれだけ上にあがっているかということです。

上にあがりたいけど横に引っ張られる、そういう折線グラフだということを彼女の死を通して知ったわけです。しかも累計していく、累計折線グラフだと気付いたのです。累計折線グラフと経営というのは、私にはイコールなのです。

●つぶれない経営1 -私のおもう経営- (2/47) - HMU 達弥西心

もちろん経営ですから、お金というものも絡んできます。生きていくためには、お金というものは避けて通れないところですが、そのお金をどう扱っていくかというのが「経営」なのです。お金なんか別に要らない。自分はお金の心配もしていないし、と思う人はいるかもしれませんが、それは誰かがお金を廻してくれているからであって、自分一人で生きていこうとしたときに、必ずお金は基本的に必要なものです。

経営は世の中にずいぶん溢れていますから、経営者とか社長さんといったらこういう人なんだと思われているでしょうが、私が思っている経営とは何かということを、話してみたいと思います。

●つぶれない経営1 -私のおもう経営- (1/47) - HMU 達弥西心

私はよく「経営」という話をします。

経営というのは、実際に事業を経営していない人からすれば自分にはあまり関係ないとか、私がこうして会社を経営しているから「経営」の話をするんだなと思うかもしれませんが、そうではありません。私が言っている「人生を経営する」というその経営とは、単にそれが事業になったら事業経営になるということです。さて、その経営とは何かということをお話しします。

私がお金の話をしたり、事業の話をしたり、経営の話をしたりすると、生き方の話と何か違うんじゃないかと思われる人もいらっしゃるかと思いますが、私にとっては、「経営」というのは最初からキーワードです。生き方提案をやっていこうと決めたときも、経営というものをベースにやっていこうというのが、自分の中にありました。ですから、経営というものを正確に伝えておかないと、逆に私の生き方提案は分かりにくくなるかと思っています。

●「いのち」をつないでいくことを経営という(9/9) - HMU 達弥西心

人間は、何食わぬ顔して生きているようで、その実、自分はこのまま生きてていいのかな、迷惑じゃないだろうか、こんな感じでいいのかな、とあれこれ思いながら生きているものなのです。

ですから、自己重要感を充足させてくれる人に出会うととても嬉しくなるのです。自己重要感を満たしてくれた人に対して魅力を感じるのです。その実、とても励まされるのです。

「ありがとうございます」
「いつもありがとうございます」
「楽しみにしております」
「祈ってます」

この四つの言葉が自然に出てくるように。

●「いのち」をつないでいくことを経営という(8/9) - HMU 達弥西心

たとえば「今度のマラソン大会にお出になるんですってね。・・・期待してますよ」。

気持ちは分かりますが、これでは駄目です。特に、自分には自信があるんだと豪語するお客さまほど要注意です。もし成績が散々だったら・・・と考えてみてください。しばらくは姿を見せないでしょう。

ですから、「こんどのマラソン大会にお出になるんですってね。・・・楽しみにしていますよ」。

これでよいのです。成績が良くても悪くても、そのお客さまはニコニコ笑ってやってくるでしょう。あなたのところへやってくれば、自分の自己重要感が満たされることを彼は知っているからです。

もう一歩突っ込んでお客さまに声をかけるならば、(これは使い方を間違うと薄っぺらく聞こえますが)「祈ってます」という言葉です。「お子様の病気、早くよくなるように祈ってます」。この言葉が気負わずに使えるようになると、お客さまの自己重要感は一気に充足されます。

●「いのち」をつないでいくことを経営という(7/9) - HMU 達弥西心

「ありがとうございました」から「ありがとうございます」へ。「ありがとうございます」からもう一言つけ加えて「いつもありがとうございます」へ。

さらに「楽しみにしていますよ」という一言をさりげなくつけ加えることができるようになると、お客さまの自己重要感はぐっと増します。「またのご来店(あるいはご用命)を、楽しみにしております」というのです。

これをうっかり「期待しています」と言ってしまったら、お客さまのこころの荷物がとたんに重くなります。いやになるのです。

●「いのち」をつないでいくことを経営という(6/9) - HMU 達弥西心

そして、言葉づかいです。「ありがとうございました」という縁の切れる言い方では、いのちは寂しがります。お買い上げいただいたときも、お帰りになるときも、電話でも「ありがとうございます」一本で通しましょう。この「ありがとうございます」に、もう一言「いつも」を頭につけましょう。「いつもありがとうございます」。

これはいいことを聞いたということで、ていねいに二回繰り返すのは嫌味になりますからよしましょう。「いつもいつもありがとうございます」どうでしょうか?

●「いのち」をつないでいくことを経営という(5/9) - HMU 達弥西心

いのちは、きれいなところが好きです。だからピッカピッカに磨き上げることが朝一番の最初の仕事でなければならないのです。掃除がいちばん大切な仕事です。ガラス窓の汚れ、机の上や隅、床の汚れ、棚のほこりはとくに要注意です。

いのちは、安全なところ、安心できるところが好きです。とがっているもの、不安定なものが苦手です。お客さまの位置から見えるものをすべて点検してみることです。

いのちは、整理整頓されている、整っているところが好きです。

いのちは、汚れていない、清潔なところが好きです。だからトイレ掃除なのです。いちばん汚いところを、いちばん清潔に保つことです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ