そして、「光で作る野菜には、どうしても消費者に抵抗がある」とまで、メーカーが言い出すのです。承知のうえで作っているはずなのに、です。