お客さまの悲しみの解消というよりは、自らの悲しみの解消のために回っていたように思います。