会長がお書きになられた「うれしい新聞51号」を何度も拝読させていただき、今“やのくに”で形になっている、すべての源にある会長の念いを実感いたしております。