要するに、そこに黒い念いはないか、なのだと思いました。