ですから後継というのは、自分が替わったら10年間は、初代と全く同じやり方をやってみることです。
やってみたら、先代についてきた古参の役員はどういう役割があるのか、ということが分かるのです。
外から見ると本当に無能力な役員で給料泥棒と二代目は思うけれども、やはり先代についていったというのは、ついていくだけのものがあるわけです。やり方はダサいと思うけれども、やはりあるのです。