あとは本当に私がいなくなった時に、いろいろメモやノートをとったりして、思い出して本を書いて、あとから来る人に伝えていけばいいかなと思っています。そのためには真剣に私が言っていることを聞いてほしい。